住所:安佐北区 年齢層:60代 家族構成:4人

スーパー、病院等に歩いて行ける、バリアフリーであること。2重ガラス窓であること。車庫横二台が入る所。手が届く価格であったこと。

Q1.カーサ・ヴェルディの購入動機

 

高齢になり、今までの家は、車の生活を考えた所、団地にスーパーが無くなったこと。病院外出に車、バスを利用して長時間かかる。親戚が寄るのに不便な位置。部屋は広いが収納が少ない。庭木の手入れが出来ない。車庫が縦列であるため、入れ換えをしないと車が出せない。室内に段差があり、つまづきそうになる。風呂が広く、冬場が寒い。結露で室内が濡れる等。購入動機は、交通便。スーパー、病院等に歩いて行ける、バリアフリーであること。2重ガラス窓であること。車庫横二台が入る所。手が届く価格であったこと。


Q2.マイホーム選びに際しての活動

 

 実家が西区己斐にあり、実家の改築、実家付近の中古新築戸建て。現在住んでいる可部。可部の場合は可部の中心地に近く、スーパー、病院等に歩いて行ける。場所価格は2千万円台でローン月々の支払を少なくという条件で、新聞広告、チラシ、不動産情報サイト等で探し、現地に足を運んだが、求める家が無く、再度家族で話し合い住み慣れた可部で、スーパー等が近くにある場所で中古新築を見て回った。広告が出る度に見に行き、立地、環境、価格等で比較検討した。


Q3.カーサ・ヴェルディご購入の決め手

 

以前住んでいた団地にスーパーが無くなり、一番近いスーパーでも車、バスでないと行けない距離となり、年齢が増すにつれ買物、病院等の移動が車でないと行けないことから将来車の運転が出来なくなった時のことを考え、歩いて買物、病院に行ける場所、またはバリアフリーであること、オール電化であること等から、高齢でも火災、転倒などの心配が少ない家。現在は車を使用しており、以前縦列車庫で車の出し入れが大変だったことから横列に車が入れられる等が決め手になった。